光明の生活を伝えつなごう

機関誌ひかり 第774号 令和6年5月号

【今月のご道詠】

なむとよぶ
子の啼声に
あみだ仏の 
恩寵の乳は
ふくめますなり

             

「親縁」『道詠集』十三頁

             

〈意訳〉 南無阿弥陀仏と御名を呼ぶ子供の泣き声を、親である仏さまはお聞き下さいます。その声に応じて、仏さまは「霊的に育てよ」と慈しみの御顔を向けながら、恩寵の乳を飲ませて、その成長を願って下さるのです。

機関誌ひかり第774号   5月1日 発行
表紙:弁栄上人筆「為善最楽」静岡県 實相寺蔵
〈現代語訳〉善を為すことは最も楽しいことである
〈出典〉『後漢書』「東平憲王蒼」
  • 各会所行事予定
  • 発熱の文 73 山崎 弁栄
  • 光明の福音 山崎弁栄を読む 10 若松 英輔
  • 新発見光明資料 85 ひかり編集室編
  • 能生法話「養老」 辻本 光信
  • 子供と名号探し 金田隆栄筆
  • さえられぬ光に遇いて10 熊野 好月
  • キリスト教と光明主義 その90 近藤 伸介
  • はじめての念仏 願誉昭教 02
  • 光明主義と今を生きる女性 山本サチ子
  • おすすめ本 大田実成
  • ひかりの輪 光明学園
  • 支部だより
  • 清納報告
  • こちらひかり編集室

著 者 藤堂恭俊
発 行 てるふる
定 価 2,750円(税込)


昭和34年に、弁栄聖者生誕百年記念として出版され、長らく絶版となっていた藤堂恭俊著『弁栄聖者』の改訂増補版(A5サイズ、ハードカバー、約380頁)が「てるふる(為先会)」より復刊。木叉上人著の弁栄上人伝『日本の光』には記されていない史実など、その生涯を伝える貴重な文献の一つ。また著者が本誌に寄稿されたものや著者が遷化の直前に記した手記(詩歌)など「光明随筆」として増補しています。
※さらに詳しい内容はここをクリックして書籍紹介ページをご覧下さい。
※光明会通信販売ページからも購入いただけます。

  • おしらせ

  • 更新履歴

  •